私は、元国税局職員です。13年間にわたり、税務調査などの税務署の業務に従事してきました。その時に、はっきりわかったことがあります。「法律知識のない人は、税務調査で損をする」という、事実でした。

自営業者や会社経営者が汗水流して作った富が、税務知識の欠如のみが理由で、何百万円、何千万円と消えていく様子を見てきました。お恥ずかしい話ですが、私自身が、経営者にとって酷になるような税務調査を行ってきたという過去があります。税務署は、節税技術や知識を公開するのが仕事ではありません。納税をしてきた人に対して、「知識がないのだからしょうがない」と、言ってしまえばそれまでです。しかし、失う金額が大きすぎるのです。そのために、会社をたたんでしまう経営者もたくさん見てきました。

知識のない人にとって、税務調査官に言われたことに正しく受け答えることはとても難しいです。税務調査官の発言を受け入れる以外に方法ない経営者の方がたくさんいらっしゃいます。何が正しいのかも分からないから、そうするしか方法がないのです。税務調査の世界は、あまりにも難解です。裁判の勉強や、税務署との受け答えのやり方にも勉強が必要です。教えてもらえばすぐに身につく知識でもありません。裁判や税金の本を正しく読んで理解するのは本当に難しいです。その考え方を理解したうえでの受け答えについても、相当高度なコミュニケーション能力が必要になります。結果として、「自分の事業の場合の受け答えにどう当てはめていけばいいのかわからない」という、状況になります。

そのような「法律知識や裁判知識の情報格差」「コミュニケーション能力の格差」のみを理由に、何百万円、何千万円と納税額が増えていくのは、どう考えてもおかしいと思いました。このホームページを通じて、少しでも多くの経営者に法律知識や証拠資料調べのやり方を伝え、一緒に頑張るお手伝いをさせていただければ、幸いです。

自己紹介動画をYouTubeで公開させていただいております。

1977年 新潟県生まれ
1999年 新潟大学経済学部卒業
1999年 国家公務員 専門職A種試験 合格

 

国税専門官試験合格者として国税局採用

国税局 調査査察部 国税調査官(調査課)、国税局 調査査察部 国税査察官(併任)(マルサ)、税務署国際税務専門官付 国税調査官(国際担当)、税務署 特別国税調査官付 国税調査官(トッカン)などに従事

ファイナンシャルプランニング技能士1級 取得

2012年 税理士資格 取得

 

国税局を退職、あさじ会計事務所を開業