「満足感」を感じていただけるまで、お付き合いいたします

「経営者が本当にしたいことが何なのか」「経営者の満足感はどこにあるのか」をきちんとお伺いして、解決方法をご提案することが、税理士の使命だと考えております。
経理や総務、税金に関する手続きなどで、分からない事やお困り事がございましたら、お気軽にご相談下さい。「満足感」を感じていただけるまで、とことんお付き合いいたします。

【会計顧問サービス内容】

・税務申告 ・確定申告書作成 ・記帳代行
・年末調整 ・給与支払報告書作成 ・帳簿作成
・経営支援 ・法定調書作成 ・システム導入支援
・節税対策 ・償却資産申告書の作成 ・各種税務届出書作成

経営支援

銀行からお金がうまく借りれないことがありませんか?
もしかすると、銀行が会社の息の根を止めるケースもあるのかもしれません。
そのような事態にならないよう、日々努力されている経営者を、あさじ会計は全力で支援致します。
あさじ会計では、複数の銀行融資担当者と提携しております。
借り入れの手間及び借り入れ金利の双方について、しっかり検討し、あなたにとって、最も有利になる資金調達のご提案をさせていただきます。

近年、必要以上の税・社会保険料負担しているのではないかと考える経営者がいらっしゃると聞きます。また、消費税のほか、社会保険料の値上げも大きな経営上の問題となっています。
あさじ会計は、法人税や所得税の税負担のみにとらわれることなく、消費税や社会保険料も含めた、最終的な手元現金がしっかり残り、会社の幹が正しく作れるようなご提案をさせていただきます。

節税対策

「節税」とは、税率の低い取引を増やす行為です。これは、税務調査においても、堂々と公開しても良いものです。
しかしながら、「節税」を実現するには、「法律力」が必要です。なぜなら、税務調査の際に質問を受けた場合に、正確に説明できないと、納税につながるリスクもあるからです。
法律力で節税提案を行うのが税理士の役割なのですが、税理士の手腕次第で、提案する税額も変われば、税務調査によって決まる税額も変動します。
あさじ会計の税理士は、元国税調査官の実戦経験から得た「法律力」で、合法で効果的な節税方法をご提案いたします。法律に従った有利な方法で節税を行い、手元資金がしっかりと残せるようにしませんか。

【 節税イメージ 】
個人の経営者の場合(左の図)は、ほぼ1通りの方法(事業所得)で、税金が多くかかる場合があります。
対して、法人を設立している場合(右の図) は、収入が一度会社に入った後、10種類以上の方法(経済的利益、給与、事業、配当、利子・・・等)が選択できます。これにより、税、社会保険料の率は0~80%の範囲で選択することができるので、納税の負担を減らすことができます。

会計ソフト導入支援

ご希望に沿った会計ソフトの導入をご提案いたします

会計ソフト導入

会計事務所の都合で、利用する会計ソフトを強制するケースがあるようです。導入のコストや手間は、経営者の負担の上、”会計ソフト利用料金”として、毎月1万円以上の税理士報酬の水増しを行う会計事務所もあります。これでは、経営者に金銭的・事務的に大きな負担がかかってしまいます。

では、最適な会計ソフトの導入とはどういうことでしょうか?会計事務所の指定するソフトを導入し、会計事務所の都合に合わせることではありません。経営者の希望を実現できる、ソフトを見極め、導入することではないでしょうか。

あさじ会計では、経営者のご希望に沿った、会計ソフトをご提案させていただきます。
小規模の場合や、金銭的負担の削減、入力の簡素化をお考えの場合は、エクセルによる会計帳簿の記帳にも対応しております。ソフトの相性問題でお悩みの場合は、問題点をしっかりとお伺いした上で、解決案をご提案させていただきます。

会計ソフトの見極めには、税理士の「税務の実地技術」と「会計の実地技術」が不可欠です。あさじ会計では、これらの実地技術より、最小の負担で効率を上げる、最適な会計ソフトの導入をご提案いたします。